助産師の資格のある看護師

助産師の資格がある看護婦さんなら産婦人科に勤務し、助産師という資格を活かしたいと思うのは当然のことです。

女性の出産に欠かせない助産師さん。この助産師さん次第でお産は随分楽になります。助産師さんの存在って大きなものです。

 

助産師の資格を活かし、更にキャリアップしたいと考えていても忙しさのあまり、自分で転職先を探すのは不可能です。また、出産、子育てで看護師を辞めたけど助産師の資格を活かせるような就職先を探している方にお薦めなのがナースバンクへの登録です。

 

無料登録しておけば自分の条件に合った勤務先を探して支援してくれるサービスです。もちろん登録も紹介も全て無料で行ってくれるサービスです。多くの看護師さんが実際に利用しています。
ナースバンクも人気の大手転職サービスを、2,3種類登録しておくといいでしょう。どこも無料で登録できます。幾つか登録しておくことのメリットとしてはそれぞれの支援サービスで、転職先が違うのでより良い転職、就職先を見つけることができます。無料ですの上手に利用してみましょう。

助産師さんの求人を探すのにおすすめなサービスNO.1

看護roo【関東・関西・東海に強く満足度が高い】

看護rooは、転職サービス30年の実績があり上場企業でもあることから、看護師の求人数も多いナースバンクの一つです。また、看護師さんの意向に沿った求人や給料面での交渉、職場の状況なども念入りに下調べしてサポートしてくれます。転職は不安がつきものですがカンゴルーのようにサポート体制が万全だと少し安心できますね。また転職に伴う面倒な手続きもサポートしてくれるので、今の病院での看護師を続けながらスムーズな転職が行えます。ぜひ登録しておきたいナーズバンクの一つです。

 

 

 

病院・クリニックの看護師求人なら看護roo!

助産師さんの求人を探すのにおすすめなサービスNO.2

ナースではたらこ【満足度が高く転職後の高収入に期待大】

ナースではたらこは逆指名制度で希望の病院に転職することも可能ですので、行きたい病院などがある方にはお勧めですね。また、ナースではたらこでは、看護師さん満足度の高いナースバンクでもあり、カンゴルーと共にぜひ登録しておきたいバンクの一つでもあります。ナースではたらこでも、転職先探しから、職場の状況、面接日時と就職までの面倒な手続きなどもサポートしてくれますので、働きながら更に条件のいい転職先を見つけることが出来ます。ナースではたらこは東京近辺に強いナースバンクですので、東京近辺の方でしたらナースではたらこが一番おすすめとなります。

 

 

お金も働きかたにも“こだわる”あなたには[ナースではたらこ]

助産師さんの求人を探すのにおすすめなサービスNO.3

eナース【女性向け情報が満載で20年の実績あり】

eナースでは看護師の転職、就職情報以外にも女性に役立つ嬉しい情報を提供しているナースバンクです。eナースは20年という実績をもつ看護師の求人、転職、支援サービスですし、特徴の一つとして、適切な転職を1人1人に行う意味でも直接会い意向を確認するシステムをとっています。時間がかかりますが、単なる事務手続きではなく個々の5年先、10年先を見越しての転職先の紹介を行うことを目指しています。会員登録者も20代から40代という働き盛りの世代が多くなっています。

 

 

看護師の求人・転職・就職・派遣の情報 eナース 転職サポート

まだまだナーズバンクはあります

マイナビ看護婦

マイナビ看護婦での病院情報は、採用担当者だけでなく現場の看護婦さんにも直接職場の状況を確認していますので知りたい情報を聞くことが出来ます。マイナビ看護婦は利用者の満足度も高いナースバンクの一つです。

 

 

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師

 

 

 

 

まだまだナーズバンクはあります

ナースフル

ナースフルはリクルートの運営するナースバンクです。ですので特殊部署への就職を希望される方にはかなりおススメのナースバンクです。また、求人数の多さではトップクラスを誇っています。

 

 

 

ナースフルで高給与、好条件の看護師求人を探す

 

 

助産師になるには?

助産師になるためにはまず根本的なところとして国家試験に合格しなければいけません。この助産師の国家資格は年に1回行われていて、2月に助産師の試験が実施されています。この助産師の国家試験は毎年平均で90%前後の合格率があります。


助産師になるためには国家試験に合格しなければいけませんが、この試験に合格するために助産師の養成学校に入学しなければいけないのですが、この助産師になるための学校が廃校になったりして養成学校の数が少なくなってきている現実があります。

 

この養成学校の減少を防ぐために4年制の看護大学に助産師の過程を設けている大学はありますが、定員数は決して多くなく、助産師過程の定員は10名弱の少人数で狭き門となっています。

 

このように現在では看護大学の助産師過程に入学しなければいけませんが、定員数が少ない欠点がありますが、この欠点を解消するために大学の医学部でも助産師を養成するための学科を設ける大学増えてきています。養成学校の多くが廃業されている中で助産師になるには看護大学に行って助産師になるための勉強をしなければいけません。


「VPSサーバー」を借りてみよう!